ホーム > ねこアレルギー対策 > 猫アレルゲンを大幅に減らす掃除のコツ。

猫アレルゲンを大幅に減らす掃除のコツ。

猫アレルギー猫との生活が始まって数カ月もすると、
家にいると花粉症や風邪でもないのに
鼻水が止まらず息苦しい日が多くなってきました。
外に出てみると鼻水も止まり体調が良くなるので、
「これは猫アレルギーが酷くなってきたのかー!?」
と不安に。。。

うーん。これは大変!
いつもの掃除の手順を見直すことに。

ファブリックはこまめに洗濯する

洗濯とにかく家中のアレルゲンを減らそうと、猫の毛が付着してそうな
カーペットやベッドカバーなどの布類をせっせと洗濯しました。

猫アレルギーの原因となるのは、猫の毛やフケなどのアレルゲン。
このアレルゲン粒子が浮遊して起こるそうです。
空気中の猫アレルゲンは軽く花粉よりも小さい微粒子の為、
一度舞うと数カ月間も(!)浮遊します。

表面積の広いベッドカバー、ソファーカバー、ラグなどは
アレルゲンも溜まりやすいので、定期的に洗濯して
付着したアレルゲンを取り除くようにします。

カーテンも3ヶ月に一度お洗濯!

カーテンそして、絶対洗濯するべきなのはカーテン!!
カーテンを洗濯しないのとしたのではかなり差がある気がします。

ファブリックと同じく表面積の広い
カーテンはアレルゲンが大量に付着します。
窓を開けて空気の入れ替えをしようとしても、
新しい空気が入るどころかカーテンに溜まっているアレルゲンを
さらに舞い散らせるだけにもなりかねないそう。

以上を踏まえると、布類(カーテン含む)洗濯+空気清浄機の
組み合わせはかなり有効的な対策だと感じます。
カーテンやファブリックの洗濯で付着したアレルゲンを落とし、
空気清浄機で空気中のアレルゲンを除去する、という感じです。
昔は猫を飼っている方の部屋に入れないほど猫アレルギーの酷かったわたしが、
今ではニャンズと一緒に生活できているので実際に効果があるんでしょう。

壁の水拭きは結構重要

水拭きもう一つ、絶対オススメの対策は壁の水拭き。
これは本当に効果がありました。

ファブリックやカーテンと同じく、
壁にも意外とたくさんの猫の毛やフケが付着しているそうです。
それを水で濡らしてきちんとしぼった雑巾で拭きます。

壁拭きをしてからわたしの体調も回復し、鼻水も少なくなりました。
カーテンの洗濯と壁の水拭きをすることで、フローリングのみの掃除よりも
アレルゲンを7分の1にまで減少させる事ができるそうです。

水と雑巾さえあればできるので手軽で経済的。
うちでは家中の壁を一気にに掃除するのは大変なので、
猫が良くいる部屋と寝室は定期的に壁拭きをするようにしています。

布類の洗濯はわりと多くの人が意識的にされていると思いますが、
壁の水拭きは見落としがちなので忘れずにやると効果的です。

毎週のこまめな掃除機がけ

掃除機我が家では階段でよくニャンズと遊ぶのですが、
しょっちゅう猫の毛がふんわりと
固まったようなものが落ちてたりします。
それが気になり始めたら掃除機がけの合図。

面倒ですがちゃっちゃと掃除機をかけてしまいます。
あまり丁寧にはやりませんが、カーテンや布生地も
一緒に掃除機をかけておくと効果があるみたいです。

うちの2匹のソマリは長毛なので抜け毛が目に見えて多いので
週に2回程度掃除機をかけるようにしています。

オマケ

あと、これはまだやった事がないのですが、
湿らせたタオルをくるくると空気中で振り回すことでアレルゲンを吸着させ、
空気中のアレルゲンを多少減らすこともできるそうです。
これも簡単なのでまたやってみたいですね。

猫アレルギーでお悩みの飼い主さんに少しでも参考になれば幸いです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL:
http://neco-blog.com/allergy/cleaning/trackback/
トラックバックの送信元リスト:
猫アレルゲンを大幅に減らす掃除のコツ。 - じぃさんとばぁさんのねこブログ より

ホーム > ねこアレルギー対策 > 猫アレルゲンを大幅に減らす掃除のコツ。